Pocket

ブログランキングに参加しています。
ポチっていただければ喜びます^^
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
������� 株���� ������� ������

かなり衝撃的なタイトルですが、実は縁があってとあるIT企業に「せどり事業」を売却しました。

きっかけ

私がプログラミングの勉強をしているという記事はいくつかありましたが、その目的はせどり用ツールを自己開発することでした。
しかし、それぐらいの規模のプログラムを作るとなると大変な事はお分かりいただけると思います。
そこでプログラマーとして就職し技術を取得、または技術のある人と協力関係を築くのを目的に就活していました。

私の経歴

私はデザイン系の専門学校を卒業してから、重工業の工場で商品の取扱説明書の作成や印刷物の製作をしていました。
それと同時に独学で金融の勉強をしているうちに金融業界に興味を持ち、外資系の生命保険会社のコールセンターで働きました。
何故コールセンターで働いたかというと、自分のバイブルである「金持ち父さん貧乏父さん」に若いうちにコミュニケーション能力を鍛えろ!
鍛えるなら短時間で一番多くの人と対話できるコールセンターがいい、相手を選べないし相手はイライラしている。
そんな人たちを上手く裁ける能力があればビジネスに活かせない訳がない。。。
みたいな事が書いてありました。

コールセンターを選んだのはそれが理由なのでした。

その後も様々な本を読み進めるうちに起業に興味を持ちましたw
そしてイーベイの輸入とFXの自動売買で身を立てるべく仕事を辞めてしまいました。
仕事を辞め、休暇を楽しんでる時に友人から
「スマホのアプリを作ったけど、一発当たって手が回らないから手伝って欲しい」
との誘いがありました。

こんな人間ですから真っ先に頭に浮かびますよねw
そんなこんなで上手く軌道に乗せ、法人化し、私は開発部部長としてアプリケーションの企画や運営、
前職で培ったユーザーサポートやQ&A、UIやUXのデザイン設計と今まで溜めてきた能力を全て発揮し事業を拡大しました。
しかし、サービス残業、無給の休日出勤など過酷な環境でした。
当然ベンチャーとして大きな果実を得るためにある程度我慢出来ます。
人数も10人を超えるまでに成長し、社長(友人)のみ海外旅行や家賃14万などの金をバリバリ使う。
私は家賃4万円に半額弁当生活でした。。。

そんな金の亡者となり、態度もでかくなり、そんな彼に呆れて従業員もどんどん抜け、入れては抜け。。。
私も愛想を尽かせて退職しました。

そして自分で「せどりビジネス」を始めたのです。

売却の経緯

そんな私の履歴書ですから、当然目に留まる訳で採用通知は100%届く状態でした。
とある企業で急遽社長面接になった際に「この履歴書を見れば将来的に独立を考えているように思うのですがいかがですか?」と聞かれ、
私は「5年後までには独立を考えています」と言い、せどりビジネスやプログラマーを目指している経緯を話しました。
すると「うちでも新規事業としてEC事業を考えていたが、まだそこまで話が進んでいない状態、ユウキさんさえ良ければ、せどり事業をうちでやりながら新規事業もお願いできないでしょうか?
プログラマーならいくらでもいるので」
との事で、面白そうなのでOKしました。

現在の状況

そんな訳で今はEC事業のリーダーして自由にさせていただいております。
システム屋さんですが、まだコードは1行も書いておりません。
EC事態の経験、事業の企画、デザイン、業務管理など大体必要な事は1人で出来るので私以上の適任はなかなかいないでしょう。
と、言う事でサラリーマンになってしまいましたが今後はビジネスの構築や拡大等の知識もシェアできたらいいなと思っております。

最近バタバタとしていてブログ書けておらず申し訳ないです。
と言う事で近況報告でした。


ブログランキングに参加しています。
ポチっていただければ喜びます^^
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
������� 株���� ������� ������