Pocket

ブログランキングに参加しています。
ポチっていただければ喜びます^^
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
������� 株���� ������� ������

私は大阪市民だが、本日自分の愚行に気が付いた…
エンジョイエコカード等の1日乗り放題のカード等を使って情強ぶっていたが、ただの情弱だったのだ…

ただ、PiTaPaカード一枚…
欲を言えばPiTaPa Liteカード一枚あればよかったのだ…
今回は財テク的なお話し。

PiTaPaとは?

PiTaPaは関西圏の人であればご存じかと思うが、かなり古くからあるIC乗車カードであり、関西の私鉄、市営地下鉄や市バス等で相互利用できるカードだ。
さらに対象の交通機関であれば、1月の利用金額に応じて自動的に割引が適用される点が、他の乗車ICカードに対するアドバンテージである。
とくに、ポストペイに対応しており、チャージ不要でクレジットカード又は金融機関の口座からオートチャージできるのも便利。

JRでも利用はできるものの、割引の対象外であったり、オートチャージに対応しておらず、改札で焦ることが多々ある(ICOCAでも言えるが)。

PiTaPaの種類

ただ、ICOCAよりハードルが高い点として、すぐに買って使用できない点だ。

PiTaPa(クレカ一体型)

img_01 (1)
ポストペイの特性上、クレジットカード一体型の通常のPiTaPaは受け取りまで数日待つ必要があり、審査落ちも考えられる。
クレジットカード一体型なので落とす可能性が高いのも怖い点ではあるだろう。

PiTaPa Lite(口座引き落とし型)

img_01

一方そういった弱点を克服しているのがPiTaPa Liteである。
直接、金融機関の口座からの引き落としであるため、カードの審査はないし、落とした時もクレカよりかは安心でだ。
ただ、発効までに日数がかかるのは同様である点は注意が必要である。
口座引き落としだが、対象の金融機関が若干少ない気がする。
以前よりは増えてきているので、努力は評価しておきたい。

PiTaPaまとめ

PiTaPaの特徴と優位性は理解してもらえたはずだ。
しかしヘビーユーザーにとってはエンジョイエコカードや、定期券と比べるとどうかと言うことが重要であろう。
今回は複雑で分かりにくい割引プランまで紹介すると、記事がものすごく長くなってしまうのでここまでとさせていただく。
この割引プランはカードが手元に届いてから設定するものなので、興味を持たれた方は事前に手続きをしておくことをオススメしておく。

入会はこちらから


電子マネーのすべてがわかる本―Suica PASMO Edy ICOCA PiTaPa
竹内 一正
ぱる出版
売り上げランキング: 515,871
ブログランキングに参加しています。
ポチっていただければ喜びます^^
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
������� 株���� ������� ������